自己破産は代理人を通すほうが有利

一般的に自己破産を裁判所に認めてもらうケースであれば、代理人を通して手続きをすることが有利といわれています。これは法的な知識がない、一般の方が手続きをしても十分に状況を説明できないため、対応も不十分になってしまうことがあります。そのようなリスクを減らすという意味でも、自己破産を専門としている弁護士に借金の相談をし、手続きを円滑に解決をするようにしておくことをおすすめいたします。

自己破産の手続きに関しては、特になぜそのような経済的な状況に陥ったかを十分に説明する必要があります。現在は、ギャンブルや浪費などの個人の目的で使用した債務が明確になっている場合、自己破産が認められないケースも増えています。また、金額が莫大になってしまったときに弁護士の着手金や最終的な費用が高くなることもあります。ただし、実際にほとんどの自己破産が認められているケースが弁護士など法律関係者を通して手続きをされていることを考えると、自ら知識がないまま進めるよりも専門家に任せるほうが解決は早いといえるでしょう。また、精神的なストレスを考えると、自らの失敗した過去を振り返るより、一括して任せてしまうということも検討してみてください。