Category Archives: 未分類

各種書類を準備する

Published / by 管理人

債務整理、自己破産をする場合にも、過去の書類をある程度情報を収集し、代理人に渡す必要があります。これらの書類が不十分ですと、手続きが進められない可能性があります。相手側からの請求書や債務などはもし、手元に不十分な情報しかなくても大丈夫ですが、いままでの収入や返済以外に使用した生活費、事業にかかわる領収書などがあると、実際にどの程度の収入、支出が毎月あったのかの説明として役立ちます。

これらの情報は、法廷で代理人となる弁護士が自己破産の場合には説明する情報となります。実際に、不誠実な返済方法や、自己破産として認められないような経費や利用目的がある場合には、綿密に代理人と相談することをおすすめいたします。返済を前提としていう場合には、債務整理で解決できるケースもあります。債務整理であれば、所有する自動車、不動産、有価証券の一部などは自ら所有できることもあります。また、返済計画に関しても、債務整理の手続きのなかで、元本から発生した金利を放棄し、元本のみを分割して返済していくというとても有利な条件で同意を得られる可能性もあります。これらの条件は代理人を通して、どのような交渉をするかによって大きく変わってくるポイントです。

自己破産は代理人を通すほうが有利

Published / by 管理人

一般的に自己破産を裁判所に認めてもらうケースであれば、代理人を通して手続きをすることが有利といわれています。これは法的な知識がない、一般の方が手続きをしても十分に状況を説明できないため、対応も不十分になってしまうことがあります。そのようなリスクを減らすという意味でも、自己破産を専門としている弁護士に借金の相談をし、手続きを円滑に解決をするようにしておくことをおすすめいたします。

自己破産の手続きに関しては、特になぜそのような経済的な状況に陥ったかを十分に説明する必要があります。現在は、ギャンブルや浪費などの個人の目的で使用した債務が明確になっている場合、自己破産が認められないケースも増えています。また、金額が莫大になってしまったときに弁護士の着手金や最終的な費用が高くなることもあります。ただし、実際にほとんどの自己破産が認められているケースが弁護士など法律関係者を通して手続きをされていることを考えると、自ら知識がないまま進めるよりも専門家に任せるほうが解決は早いといえるでしょう。また、精神的なストレスを考えると、自らの失敗した過去を振り返るより、一括して任せてしまうということも検討してみてください。

債務整理か自己破産かの判断が難しい

Published / by 管理人

債務整理にするべきか、自己破産にするべきかは、その方の経済状況やその後の手続き、相手側との交渉によります。債務整理の場合には、相手側と交渉し、債務の金利を一時停止してもらえるなどのメリットがありますが、結果的に返済を続けなければなりません。また、誠実に状況や再建計画を伝え、同意したからには契約条件を遵守することが大前提になります。これらの契約各種の書類は自ら対応することもできますが、専門性のある知識がなければ相手側も応じてくれない可能性があります。そのため、プロの弁護士に相談し、解決を図ることも一つの方法といえるでしょう。

また、あまりに債務の金額が大きい場合には自己破産が適用できるかを考えてみる必要もあります。債務が毎年返済したとしても莫大になり、十分に自己破産が適用できるケースであれば、弁護士に一定の金額を支払い、自己破産を適用するということも選択肢の一つといえるでしょう。ただし、過去に自己破産をしている方や、使用目的がギャンブルや個人の浪費によるケースの場合には裁判所で認められないケースがあります。また、事業で経営上の失敗でも、株主代表訴訟などの問題がないかも協議しておく必要があります。

債務整理や自己破産はプロの弁護士が安心

Published / by 管理人

債務整理や自己破産の状況に経済的な状況に追い詰められた場合、そのまま状況を放置しても、決して状況はよくありません。むしろ不誠実な行為をすると、債務整理や自己破産が相手側、裁判所で認められなくなる可能性があります。当サイトでは、債務整理や自己破産を検討されている場合には、プロの専門の弁護士を通して早期解決をするメリットをご紹介しています。個人の場合、個人事業主の場合、法人の場合などでもケースが違います。また、現在は手続きも煩雑化し、状況によって債務整理、自己破産のどちらを選択するのが、ご依頼主様にとってベストなのかも専門の弁護士であれば柔軟に相談に応じてくれます。

これらの法律的な手続きに関しては、ご自身で進めるうちに金銭的な問題、行政上の手続きの期限の利益を過ぎてしまう場合なども想定されます。また、会社の経営者の方の場合、自分の主観で状況を判断してしまうため、客観的な判断ができない、親族の方が連帯保証人となっているため、自己破産した場合に迷惑をかけてしまうことが不安である、というケースもあるでしょう。そのような難しい判断も含めて、専門の弁護士であれば柔軟に問題を解決することが可能です。法的な問題はそのまま放置せず、どのような選択肢が可能なのかを考え、しっかりと手続きをすることが解決への早道となります。法的な問題は、放置するとご依頼主様にとって不利益となるケースが多くありますので、ぜひプロの弁護士に相談し、解決を図ることをおすすめします。